エアコンクリーニング・ハウスクリーニング・東京江東区|アートお掃除センター

アートお掃除センター

エアコンクリーニングの効果とは?節電や効きが良くなる?

エアコンのフィルターをこまめにお手入れしているだけでは、エアコンの内部まではキレイになりません。ですからフィルター清掃とは別に、内部の汚れを落とすエアコンクリーニングが必要になります。

とはいえ、自分で掃除するのは大変な作業ですし、業者に頼めばお金がかかります。それでもエアコンクリーニングをしなければならないのはなぜなのでしょうか?

その理由は汚れたエアコンを使い続けると人体に悪影響を及ぼすだけでなく、さまざまな弊害が起こるからです。

では、エアコンクリーニングをおこなうことで、どのような効果が得られるのでしょうか?

今回は、エアコンクリーニングの効果とその必要性を解説します。最適なクリーニングの頻度もあわせて紹介しますので参考にしてください。

エアコンクリーニングの効果とは?

「フィルターをこまめに掃除している」「エアコンにお掃除機能が付いている」といった場合は、エアコンクリーニングまで必要ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、どんなに見た目がキレイでもエアコンの内部は汚れていきます。その汚れを放置すると、健康被害をもたらしたり、エアコンの効きが悪くなったりする恐れがあります。そのため、やはりエアコンには定期的なクリーニングが必要なのです。

ではエアコンクリーニングをおこなうとどのような効果があるのでしょうか?

ここでは、その効果を4つ紹介します。

ニオイやカビを防げる

エアコンの内部にホコリが溜まっていると、イヤなニオイがしてきます。イヤなニオイはカビなどが発生しているのが原因です。

汚れた状態のエアコンを使い続けると、空気と一緒にカビが室内に撒き散らされ、場合によっては体調不良やアレルギー症状を引き起こしてしまうかもしれません。

エアコンクリーニングでエアコンの内部に付着したホコリやカビを除去すれば、イヤなニオイはなくなります。除去後も一定期間はニオイやカビを防げます。

また、定期的なクリーニングでアレルゲン物質であるカビや花粉などを除去できるため、アレルギー症状が出にくくなることも期待できるでしょう。

機能が回復する

エアコンのフィルターにホコリやカビなどが付着していると、風量が落ちてエアコンの効きが悪くなります。フィルターの汚れを放置し続けると内部にまで汚れが溜まり、エアコンの機能が低下して故障の原因になってしまうかもしれません。

エアコンクリーニングをおこなえばエアコンの機能が回復して空気の循環が良くなり、冷暖房効率も改善されるでしょう。

故障しづらくなる

エアコンにホコリが溜まっていると、エアコンの効きが悪くなり風量を強くしたり、温度設定を調整したりしなければなりません。それだけエアコンに負荷がかかってしまうことになります。エアコンの故障にもつながるので、やはり定期的なクリーニングは必要です。

エアコンを分解して内部の細かいところまでキレイになれば、エアコンが正常に作動して故障しにくくなります。故障のリスクが軽減されることで、エアコンの寿命が伸びる可能性も高くなるでしょう。

節電効果がある

汚れた状態でエアコンを稼働し続けると、冷暖房効率が非常に悪くなります。温度を上げ下げしてエアコンに負荷をかければ、それだけ電気代がかかってしまうことになるのです。

エアコンクリーニングによって内部のホコリやカビが取り除かれれば、エアコンの効きが良くなるので余計な電力がかかりません。節電効果が期待できるエアコンクリーニングは、エコで経済的だとも言えるでしょう。

エアコンクリーニングの最適な頻度は?

エアコンのフィルターはホコリがもっとも溜まりやすい箇所であるため、2週間に1回の頻度で掃除するのが理想だと言われています。

フィルター清掃をこまめにしていれば、エアコンクリーニングは2年に1回程度が適切な頻度です。

一方、お手入れが行き届いていなかったり、エアコンの稼働時間が長かったりする場合は、1年に1回はクリーニングをしたほうがよいでしょう。

エアコンの設置場所や使用頻度によって汚れ具合が変わってきますから、エアコンクリーニングの頻度も変わると考えてください。

エアコンクリーニングの最適な頻度や時期に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

エアコンクリーニングは自分でもできる?

エアコンの掃除は、自分でできる箇所と業者に依頼したほうが安心な箇所があります。

フィルターは自分でも簡単に取り外しができるので、掃除が可能です。フィルターを外す前に掃除機をかけてホコリが床に落ちないようにし、外したらもう一度全体的に掃除機をかけてホコリを吸い取ります。その後フィルターを水洗いして、よく乾燥させたらエアコンに取り付けて完了です。

ここまでは自分でもできますが、内部洗浄となると素人には難しいので自力で掃除をするのはおすすめしません。内部洗浄は、エアコンのパーツを分解しなければならないため、素人がやると事故や故障を招いてしまう恐れがあるからです。また、専用の機材がないとエアコンの内部の汚れを完全に除去するのは難しいでしょう。

自分でやったもののキレイにならず、結局業者に頼むという二度手間は避けたいところです。

ならば料金がかかっても、安全・確実にキレイにしてもらえるプロのエアコンクリーニング業者に任せたほうが安心ではないでしょうか。

エアコンクリーニングならアートお掃除センター

内部洗浄までおこなうエアコンクリーニングをプロの業者に依頼したいと思っても、どの業者を選べばいいのかわからない方も多いと思います。そんな場合は、アートお掃除センターにお任せください。

アートお掃除センターのエアコンクリーニングは、技術研修をクリアした経験豊富なスタッフがお伺いし、プロの技術力でエアコンを徹底洗浄します。自力でやるとどうしても時間がかかってしまう作業も、プロに任せれば分解・洗浄スピーディーです。クリーニングをおこなう部屋の保護や養生も万全を期しています。

エアコンは全機種・全メーカーのクリーニングが可能です。お掃除機能付きエアコンも分解洗浄いたします。

気になる料金はエアコンの種類や台数によって明示しており、室外機の清掃を含めたセット料金も用意しています。割引キャンペーンも随時おこなっているので要チェックです。

エアコンクリーニングを検討しているなら、20万台以上の実績と確かな技術力のある私たちアートお掃除センターにぜひご依頼ください。

エアコンクリーニングにはさまざまな効果がある

エアコンクリーニングをせずに汚れを放置しても何のメリットもありません。その一方で、定期的なエアコンクリーニングをおこなえば「防カビ・防臭」「エアコン機能の回復」「故障の抑止」「節電」といったさまざまな効果が期待できます。

ですから、こまめなフィルター掃除に加えて、1〜2年に1回はエアコンクリーニングをおこないましょう。エアコンの内部を分解して清掃するなら、やはりプロに任せたほうが安心です。

エアコンを使い始める前やニオイが気になる場合は、ぜひアートお掃除センターにご相談ください。