エアコンクリーニング・ハウスクリーニング・東京江東区|アートお掃除センター

アートお掃除センター

お掃除機能付きエアコンを自分で掃除する方法!

「お掃除機能付きエアコンは掃除が不要?」
ご自宅にお掃除機能付きエアコンを付けている場合は、このようにお考えの方も少なくないでしょう。
お掃除機能付きエアコンを購入した方の中には、「お掃除の手間を減らしたいから…」という理由から、お掃除機能付きを選んだ方もいるはずです。

しかし、実際はお掃除機能付きエアコンでも定期的な掃除は必要です。
今回は、お掃除機能付きエアコンの見分け方、掃除の必要性、自分で掃除をする方法について紹介します。

まずはお掃除機能付きエアコンかどうかをチェック!

自分で掃除をする場合もプロにクリーニングを依頼する場合も、まずは使用しているエアコンがお掃除機能付きかどうかをチェックする必要があります。
お掃除機能付きエアコンかどうかを見分ける方法は、2つのパターンがあります。

1つ目は、エアコンのリモコンから見分ける方法です。
エアコンのリモコンボタンに「フィルター掃除」や「手動掃除」という記載があれば、掃除付きエアコンです。

2つ目は、エアコンフィルターから見分ける方法です。
エアコン本体の前面パネルを開き、フィルター部分が半分しか見えなかったり、フィルターを取り外すのにロックを外すなどのひと手間が必要な場合は、お掃除機能付きエアコンである可能性が高いです。

また、お掃除機能付きエアコンはエアコンのメーカーによって名称がさまざまなです。
「自動お掃除」「自動洗浄」「お掃除ロボット」などの記載があれば、お掃除機能付きエアコンに分類されます。

お掃除機能付きエアコンは掃除をする必要がある?

お掃除機能付きエアコンは、「掃除機能が搭載されているから掃除不要では?」と思う方もいるかもしれませんが、「お掃除機能付きエアコンだから」と言っても掃除が完全に不要になるというわけではありません。実際はお掃除機能付きエアコンも定期的なメンテナンスが必要です。

お掃除機能付きエアコンはフィルターしか掃除をしてくれない

お掃除機能付きエアコンは、フィルター部分しか掃除をしてくれないタイプがほとんどです。
お掃除機能が搭載されている場合は、フィルター掃除の手間は省けるものの、エアコン内部の熱交換機や風を送り出す送風ファンは定期的に掃除をしなければ、汚れが溜まっていきます。

お掃除付きエアコンはカビが出やすい

お掃除付きエアコンは、通常のエアコンと比較して密閉度が高く、カビが繁殖しやすい環境となっています。

エアコン内部にカビが繁殖すると、カビが空気に混ざって外へと排出されます。

エアコンから排出する空気が汚れていると、アトピー性皮膚炎や肺炎などを引き起こす原因になります。

お掃除機能がオンになっていないこともある

お掃除機能を自分で設定できるエアコンの場合は、オフにしたままにしてしまうケースがあります。
お掃除機能をオフにしていると、当然ながらフィルターの掃除機能が停止してしまいます。
よって、フィルターに汚れやカビが蓄積します。

お掃除機能付きエアコンを自分で掃除する方法

前述したようにお掃除機能付きエアコンであっても、定期的な掃除が必要となります。
ただし、自分で掃除を行う場合はフィルターの掃除までに留めておくようにしましょう。

お掃除機能付きエアコンの内部は複雑な構造となっているため、分解した場合に元の状態に戻せなくなる可能性があります。

【お掃除付きエアコンのフィルター掃除に必要なもの】

  • ・歯ブラシ
  • ・掃除機
  • ・椅子


【お掃除機能付きエアコンのフィルター掃除を行う方法】

➀エアコンの電源を切って、コンセントを抜きます。

➁エアコン本体の前面パネルを開きます。

➂ダストボックス式の場合は、ダストボックスを取り外します。

ダストボックスの取り外し方は、エアコンの種類によって異なるので取扱説明書を通りに取り外しましょう。

④ダストボックスに付着した汚れやゴミを掃除機で吸い取りましょう。

⑤エアコンフィルターの表側に付着しているホコリを掃除機で吸い取ります。エアコンフィルターの裏側は水で洗い流し歯ブラシで汚れを除去します。

⑥フィルターを洗浄したら、最後に乾かします。


お掃除機能付きエアコンのフィルター掃除は、2週間に一度の掃除が最適です。
ダストボックスは半年に一度の頻度で掃除をするのが理想的です。
掃除のタイミングは、冷房を使用し始める6月と暖房を使用する直前の10月がおすすめです。

お掃除機能付きエアコンのクリーニングはプロにお任せしよう

お掃除機能付きエアコンは、プロがクリーニングを行う場合でも4時間以上の作業時間がかかります。
素人が自分でクリーニングを行った場合は、最悪1日かかることも十分に考えられます。

また、自分で分解してエアコン内部の掃除を行った場合は、繊細なパーツを破損してしまったり、エアコンを故障させてしまうリスクがあります。
エアコンが故障したら、結果的に新しいエアコンを買い替えなくてはならない状況となり、専門業者にクリーニングを依頼するよりも高額な出費となります。

プロの専門業者にクリーニングを依頼すれば、

  • ・エアコン内部に付着するカビを綺麗に除去できる 
  • ・エアコンの動作効率が高まり節電となる 
  • ・短時間で効率的に掃除をしてくれる

などのメリットが得られます。
お掃除機能付きエアコンのクリーニングは、専門業者に依頼することを視野に入れて検討してみてください。

まとめ

今回は、お掃除機能付きエアコンの見分け方、掃除の必要性、自分で掃除をする方法について紹介いたしました。
お掃除機能付きエアコンは内部が複雑な構造となっているため、自分で掃除を行う際はリスクが付き物となます。
そのため、エアコンクリーニングを行う場合は、専門業者に依頼することがおすすめです。

アートお掃除センターでは技術研修をクリアした経験豊富なスタッフのみがエアコンクリーニングの作業を行っています。
プロの知識と技術でエアコンを傷つけることなく、エアコン内部の汚れを徹底的に洗浄いたします。
お掃除機能付きエアコンのクリーニングは、アートお掃除センターにお任せください。