エアコンクリーニング・ハウスクリーニング・東京江東区|アートお掃除センター

アートお掃除センター

天井埋め込み式エアコンのクリーニングの頻度とは?

天井エアコンのクリーニングをする業者のイラスト

近年は、ご家庭でも天井埋め込み式エアコンを利用されることが多くなりました。

天井埋め込み式エアコンは、フィルターも内部も汚れやすいため、定期的に掃除をしなければなりません。

今回は、天井埋め込み式エアコンの汚れを放置した場合のリスク、天井埋め込み式エアコンのクリーニングの頻度を解説いたします。

天井埋め込み式エアコンをクリーニングしないとどうなる?

エアコンからでるカビ

天井埋め込み式エアコンは、知識がないと自分でクリーニングを行うのが難しいエアコンです。しかし、定期的なクリーニングを行わずに放置していると大変なことになるかもしれません。こちらでは、天井埋め込み式エアコンをクリーニングしないとどうなるのかを解説したします。

電気代が上がる

天井埋め込み式エアコンは、運転時に室内の空気を取り込み、エアコン内部の熱交換機で冷たい空気へと変換して外へと排出する仕組みです。

エアコンクリーニングを行わないと、天井埋め込み式エアコンのフィルターや熱交換機にホコリや汚れが蓄積し、吸引力が低下します。

そのため、外へ排出される風自体も弱くなり、部屋を一定の温度に保つために余計な電力が必要となります。よって電気代が上がってしまいます。

逆にエアコンクリーニングを定期的に行えば、冷暖房の効きが良くなるため電気代を節約することができます。

体調を崩す恐れがある

エアコンは、室内の空気だけではなく、空気中のアレルゲンも吸い込みます。よって、エアコン内部にアレルゲンが大量に繁殖し、その風が室内へとばら撒かれます。

アレルゲンは、アレルギー症状を引き起こす物質であり、花粉・ダニ・動物の毛にも存在しています。アレルゲンを日常的に吸い込むと喘息やアトピー性皮膚炎などを発症させる恐れがあります。

故障する

天井埋め込み式エアコンに限ったことではありませんが、電化製品は全般的にホコリや汚れが蓄積されることで故障します。

エアコンは特にクリーニングをしなければ、ホコリも汚れもどんどんエアコン内部に溜まります。そのエアコン内部に溜まった汚れが電気系統に悪影響を及ぼし、故障を引き起こします。

天井埋め込み式エアコンクリーニングの頻度とは?

自作したカレンダーです。

天井埋め込み式エアコンのクリーニングは、どのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか?こちらでは、天井埋め込み式エアコンのクリーニングを行う頻度を解説します。

エアコン内部のクリーニングの頻度

エアコン内部とは、熱交換機、ファン、ドレンホースなどが搭載されている部分です。

このようなエアコン内部の掃除は、無知の方が行うと故障をさせてしまう可能性があります。とは言っても、定期的に掃除をしなくてはならない部分です。

天井埋め込み式エアコンの内部を掃除する場合は、「1年に1回」が目安となっています。

しかし、これはあくまでも目安であるため、エアコンの使用頻度が少ないという場合には、2年に1回のペースでも問題ありません。

また、天井埋め込み式エアコンに“お掃除機能”が付いている場合は、「掃除をしなくても良いのでは?」と疑問に思う方もいることでしょう。

お掃除機能付きと言っても、エアコン内部は掃除されていません。そのため、お掃除機能付きでも1年に1回はエアコンクリーニングを行うのが最適です。

エアコンフィルターのクリーニングの頻度

天井埋め込み式エアコンのフィルター部分は、吸い込んだ空気のホコリや汚れが蓄積されやすい部分です。

お掃除機能付きであれば、こまめにクリーニングする必要がありません。

お掃除機能付きではない天井埋め込み式エアコンの場合は、2週間に1回クリーニングを行うのが理想です。

天井埋め込み式エアコンのフィルターは、自力でも掃除が可能です。

掃除方法は、天井埋め込み式エアコンのパネルを開き、フィルターを取り外します。

次にブラシや掃除機、ぞうきんでフィルターに付着したホコリを取り除きます。

細かい汚れは水洗いを行いましょう。水洗い後は、水気を拭き取り乾燥させます。

天井埋め込み式エアコンクリーニングの頻度は使用状況で異なる

天井埋め込み式エアコンのクリーニングの頻度を紹介しましたが、実際はエアコンを使用する環境や使用頻度によってクリーニングの頻度は異なるものです。

天井埋め込み式エアコンのクリーニングが必要かどうかを判断できない場合は、

・嫌な臭いがする

・アレルギー症状が出ている

・熱交換機やファンにホコリがたまっている

上記3つのサインが出ている場合は、エアコンクリーニングを行うべきタイミングです。

天井埋め込みエアコンクリーニングは業者に依頼しよう!

前述したように、天井埋め込み式エアコンは内部の構造が複雑です。加えて、高い場所に設置されているため、自分でエアコンクリーニングを行うのは不可能です。

内部を分解するためには、専門知識を要するので、天井埋め込み式エアコンをクリーニングする際は、専門業者へ依頼しましょう。

自分自身でエアコンをクリーニング行うと、内部のパーツを傷つけたり、故障させる可能性があります。

プロに依頼することで、天井埋め込み式エアコン内部のカビを根本から除去し、素人ではできない手腕でエアコンを綺麗にしてくれます。

さらに、クリーニング時に取り外したパーツを正確に組み上げてくれるので、故障の心配がありません。

まとめ

今回は、天井埋め込み式エアコンの汚れを放置した場合のリスク、天井埋め込み式エアコンのクリーニングの頻度などを解説しました。

アートお掃除センターは、エアコンクリーニング実績20万台でプロの品質を保障します。

フィルター掃除だけでは除去しきれない内部のカビやホコリ、汚れも専用洗剤と高圧洗浄機で徹底的に取り除きます。

天井埋め込み式エアコンの内部を高圧洗浄することで、風速も冷却もアップし、アレルゲンの発生も軽減できます。

面倒なエアコンクリーニングは、アートお掃除センターにお任せしてみませんか?

アートお掃除センターでは、WEB見積りを24時間無料で受け付けています。

是非お気軽にお問い合わせください。