エアコンクリーニング・ハウスクリーニング・東京江東区|アートお掃除センター

アートお掃除センター

年末大掃除はいつまでにやるべき?避けたほうがいい日や進め方のコツ

キッチンの換気扇掃除

年末大掃除は早めに終わらせようと思っていても、つい後回しにしてしまいがちです。毎年、ギリギリになって慌てて大掃除をしていませんか?

新年を気持ちよく迎えるためには、年末大掃除のスケジュールを立てて計画的にやっていくことが大切です。とはいえ、どのように進めていいのか分からない方もいると思います。

また、なぜ年末に大掃除をしなければいけないの?と疑問に思っている方もいるでしょう。

そこで今回は、年末大掃除をやる意味といつまでに終わらせるべきなのかをまとめました。大掃除を進めていくコツも解説しているので参考にしてください。

そもそも年末大掃除の意味・由来とは?

掃除道具

「年末だから大掃除をしなければ…」と思うのは、なぜなのでしょうか?

現代では、自分や家族が気持ちよく新年を迎えるために大掃除をしている方がほとんどでしょう。

実は、年末大掃除とは「煤払い(すすはらい)」をおこない、新年に歳神様(としがみさま)を迎えるための準備です。

そのために家をキレイにして清めておくのが、本来の大掃除の意味になります。

大掃除の由来は、平安時代にまで遡ります。平安時代の宮中では、12月になると一年の煤を払って歳神様を迎える行事がおこなわれていました。

このように年末大掃除を神事としておこなっていた時代があったため、現代も年末大掃除という風習が残っているのです。

年末大掃除はいつまでにやる?

家族で大掃除

大掃除を神事としてとらえた場合、年末大掃除は12月13日から12月28までに終わらせるのが習わしです。

12月13日は「正月事始め(しょうがつことはじめ)」と言われています。そのため江戸時代に入ると、12月13日は江戸城下の「煤払いの日」と定められていました。

昔の大掃除は12月13日にやり、年末におこなわれているわけではなかったのです。

今の時代も、年末の慌ただしい時期にやるよりも、12月半ばから始めたほうが時間と気持ちにゆとりが持てるでしょう。

大掃除の前に家の片付けをする方も多いと思います。もし粗大ゴミが出た場合は12月13日に申し込んでも年を越してからの引き取りになる可能性が高くなります。

ですから、年内に粗大ゴミを処分してスッキリしたいなら、13日よりも早く片付けを含めたスケジュールを立てておいたほうが、大掃除の段取りがスムーズに進むでしょう。

片付けもやろうと考えているなら1カ月前から計画していくことをおすすめします。

年末大掃除を避けたほうがいい日は?

リビングに飾られた12月31日のカレンダー

12月29日と31日は、大掃除をすると縁起が悪く避けたほうがいい日と言われています。

12月29日は数字の「9」が「苦」を連想させ、31日(大晦日)は歳神様を迎える日なのでバタバタするのはよくないというのが、大掃除を避けたほうがいい理由です。

同じ理由で、お正月飾りも29日と31日を避けて飾ってください。

12月は忘年会やクリスマスなどイベントが多く、なかなか大掃除のためにまとまった時間がとれない方もいるかもしれません。

ですが、年末に一斉にまとめて大掃除をするのは大変です。

掃除を何度かに分散させて、12月28日までにはすべての大掃除が終わるようなスケジュールを立てておいたほうが、年末に慌てる心配がありません。

年末大掃除の進め方のコツ

大掃除チェックリスト

後回しにしてギリギリになって大掃除をするのは縁起が悪いだけでなく、最後までできずに汚れを残したまま新年を迎えることになってしまいます。

大掃除をラクに進めていくためには、1日で終わらせようとはせず、できるときに分散させて掃除していくことが大切です。掃除したい場所をリスト化し、決めた箇所を1つ1つ進めていきましょう。

また、年末大掃除の際によくやっている箇所として換気扇やレンジフードが挙げられますが、油汚れは寒い時期よりも暖かい時期のほうが落としやすく時間もかかりません。

ぬるま湯を使った掃除も、お湯が冷めにくい時期にやったほうが効率よく汚れが落とせます。

このように、年末大掃除にこだわらず、汚れが落ちやすい時期を選んで掃除をするのも大掃除の手間を減らせる方法の一つです。

とはいえ、一年中掃除をしているわけにもいきませんし、掃除のタイミングを逃してしまうこともあるでしょう。

「忙しくて、大掃除をしている暇がない」

「大掃除に手間暇をかけたくない」

「汚れがひどくて、自力では無理」

そんな方には、家事代行やハウスクリーニング業者に大掃除を依頼することをおすすめします。自力で大掃除するよりもキレイになり、手間も時間もかかりません。

ただし、12月に入ってからでは予約が取りにくい可能性があります。業者に依頼するなら、早めに申し込みしておくことをおすすめします。

年末大掃除のご依頼は

お任せくださいのポーズを取るハウスクリーニング業者

年末大掃除は、年末にやるものではなく12月13日から28日までに終わらせるのがベストです。

年末年始をスッキリした気持ちでのんびりと過ごすためにも、計画的に大掃除を進めていきましょう。

自分で大掃除をするのが難しい場合は、お掃除のプロに依頼するのがおすすめです。お金はかかるかもしれませんが、そのぶん時間と気持ちに余裕ができます。「大掃除しきれなかった…」と自分を責めることもありません。

アートお掃除センターでは、家の中のさまざまな箇所のハウスクリーニングを承っています。家全体でも部分的な箇所のご依頼でも引き受けることが可能です。

年末になって慌ててしまう前に、ぜひ一度アートお掃除センターにご相談ください。