エアコンクリーニング・ハウスクリーニング・東京江東区|アートお掃除センター

アートお掃除センター

エアコンのカビで病気!?きちんと対策をしましょう!

夏も冬も欠かせない家電製品のひとつ「エアコン」。
エアコンは私たちが快適に過ごすためには欠かせないアイテムです。

しかし、エアコンは掃除をせずに放置していると内部にカビが起き、私たちの健康を脅かす可能性があります。

今回は、エアコンでカビが発生する原因を基にカビの種類や健康被害について解説しています。
夏にかけてエアコンの使用頻度がアップする今だからこそ、エアコンのカビについてチェックしておきましょう。

エアコンにカビが発生する原因

エアコンは定期的なクリーニングやお手入れをしなければカビが生えてしまいます。

どうしてエアコンにカビが発生してしまうのでしょうか?

こちらでは、エアコンにカビが発生する代表的な原因を3つ紹介します。

エアコン内部は湿度が高いから

エアコンは、運転時に熱い空気と冷たい空気が触れあいます。

その際に結露が発生し、エアコン内部の湿度もアップ。カビが起きやすい環境となります。

カビは湿度が高く、じめじめとした場所を好む傾向にあるため、居心地の良いエアコン内部でどんどん繁殖を広げていきます。

エアコン内部が汚れているため

エアコン内部に付着した埃や汚れを放置していると、カビはみるみるうちに悪化していきます。

なぜなら、カビは埃や汚れが大好物だからです。

エアコン内部の汚れによって、カビは増殖をしていくため、エアコン内部は定期的なクリーニングが必要です。

カビにとって過ごしやすい温度だから

最もカビが繁殖しやすい温度は20~30度とされています。

エアコン内部というのは、ちょうどこのくらいの温度であるため、カビにとって居心地の良い場所となってしまう傾向にあります。

カビにとっては、居心地の良い環境であるため、繁殖を続け、エアコン内部の環境を悪化させます。

エアコンに発生するカビの種類

夏場にエアコン内部で繁殖しやすい代表的なカビは3種類です。

こちらでは、それぞれの特性をチェックしてみましょう。

トリコスポロン・アサヒ

トリコスポロン・アサヒは、酵母カビのひとつとされています。

この菌は、高温多湿な空間を好み、エアコンを始め、台所や洗面所などの水回りで繁殖する傾向にあります。

トリコスポロン・アサヒによる健康被害は「夏型過敏性肺炎」が挙げられます。

この肺炎は一回でも発症すると、カビを吸い込むたびに症状が起きやすくなります。

アスペルギルス・フミガーツス

アスペルギルス・フミガーツスは、アスペルギルス属というカビに分類されます。

エアコンの中で繁殖しやすく、菌を吸い込んでしまうと「慢性肺アスペルギルス症」になる可能性があります。

クラドスポリウム

クラドスポリウムは、別名でクロカビと呼ばれるカビの一種です。

最もエアコンに発生しやすいカビで、ファン部分や吹き出し口に黒く固まっているのが特徴です。

気管支喘息やアレルギーを発症するリスクがあります。

エアコンのカビによる健康被害

エアコンのカビが人体に与える影響はとんでもなく恐ろしいものです。

エアコンにカビが生えている状態で使用し続けると、喘息、アレルギー性の鼻炎、アトピー、肺炎などの病気を引き起こす可能性があります。

特に免疫力が弱い子供の場合は、身体も出来上がっていないので、カビの影響を受けやすいです。

幼少期に喘息を発症すると、大人になっても症状が続く場合がるため、エアコンクリーニングを定期的に行うことがおすすめです。

これで大丈夫!エアコンカビの対処方法

エアコンは、カビが発生しやすい環境が整っています。

カビが繁殖しやすい環境だからこそ、事前にカビ対策をしておきたいものですよね。

こちらでは、エアコンのカビを予防する方法をポイントで解説しています。

エアコンフィルターをキレイにする

エアコンのカビを予防するためには、エアコンフィルターの掃除が重要です。

エアコンフィルターに付着した埃や汚れはカビの養分となり繁殖を促進させてしまうため、定期的にお手入れをする必要があります。

エアコンの使用開始10分間は換気する

エアコンは運転開始直後に内部にたまっていたカビを一気に吐き出します。

部屋の換気をせずにそのままにしていると、カビ菌を含んだ空気が室内に充満してしまいます。

部屋にカビ菌を充満させないためにも、エアコンを運転させたのと同時に窓を開けて、換気を行いましょう。

エアコンクリーニングを行う

エアコンクリーニングは、エアコンフィルターを含む、エアコン内部の部品をクリーニングすることを指します。

エアコンクリーニングを1年に1回行うことで、空気が綺麗な環境で過ごせる上に電気代の節約にもなります。

エアコンカビのことならアートお掃除センターにお任せ

エアコンクリーニングは、自分で行うのと業者に任せるの2択があります。

自分でエアコンクリーニングを行う場合は、費用をかけずにエアコンを綺麗にできます。

しかし、エアコン内部の構造は複雑であるため、最悪の場合はエアコンを故障させる危険性があります。

プロの業者にお任せすれば、エアコンフィルターやフロントパネルを取り外して水洗いが可能。パーツも全て洗浄するため、自力で行うよりも確実なクリーニングを行えます。

アートお掃除センターは、プロの技術力で徹底的にエアコンを洗浄します。

フィルター掃除だけでは除去できないカビも埃も「分解高圧洗浄」で取り除き、嫌な臭いもカビの原因も排出!

経験豊富なスタッフがエアコン内部をすみずみまで綺麗に仕上げます。

エアコンクリーニングのお悩みは是非アートお掃除センターにお任せください。